カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

経緯絣の密度で分類

経糸の糸密度と絣糸の使用本数での分類

本来1マルキとは経絣糸80本の意味ですが作業の効率化、絣の表現方法などの改良から

マルキの呼称は意味を持たないものもあります。

本場奄美大島紬を糸密度と絣糸の使用本数で分類した場合、以下の種類があります。

奄美産地では現在【13算9マルキ】【7マルキ】【9マルキ】を主に生産しています。

1. 13算・・・経糸を反物の幅1cm間に約26本使用している大島紬

    【13算】 経糸の配列は絣糸2本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【13算9マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

2. 15.5算・・・経糸を反物の幅1cm間に約31本使用している大島紬

    【5マルキ】 経糸の配列は絣糸2本地糸3本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【7マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸3本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【7マルキ一元】 経糸の配列は絣糸2本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【割込み式】 経糸緯糸の配列は絣糸2本地糸2本絣糸1本地糸1本

    【9マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

    【9マルキ一元】 経糸の配列は絣糸2本地糸1本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

3. 18算・・・経糸を反物の幅1cm間に約36本使用している大島紬

    【12マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

ページトップへ